偏差値70に導く高校受験勉強法
スタディサプリ

公立高校受験直前にはスタディサプリの都道府県別講座を受けよう。

高校入試直前期は過去問を徹底的にしましょう。

これはどこでも言われている月並みなアドバイスですので、耳にたこができるほど言われていると思います。

今回はこの過去問の演習とともに実行していただければ、より効果的に入試で得点を取ることができる方法についてお話します。

※ただし、公立高校受験向けになります。

スタディサプリの都道府県別講座を徹底して受けよう

この講座は都道府県別にそれぞれの公立高校入試にあった講座になっています。

百聞は一軒に如かずですので、今回は画像を使って説明します。

英語

このように47都道府県別に分かれています。

こんな感じです。

今回は東京都公立高校入試対策を例に出します。

公立高校入試はどの都道府県でもほぼ過去問と同じ傾向です。ほとんど変わることがありません。ですから、その都道府県の過去問を見れば、どこを対策すれば得点に結びつくかプロならわかります。

今回、英文法・語彙、長文読解、英作文、リスニングの5つの対策になっています。
ここまではどの都道府県でも同じです。

ここから都道府県別に具体的になります。

英文法・語彙→空欄補充と文法問題(長文形式)

東京都の問題ですと英文法問題ではこの2パターンでしか出題されません。

長文読解→指示語、文整序・脱文挿入、長文中の空所補充(単語レベル)‥

英語長文→自由英作文(問題意識を問う)、(自分を問う)、(交流)‥

東京都の長文はほぼ4つのパターンが出ることがわかっていますので、その4パターン対策だけで十分です。

・リスニング

リスニングの解説を30分×4講座の授業で、抑えておくポイントを解説しています。

たとえば、
「実際にリスニングが流れる前に問題文と説明文、選択文などを先に読むことが重要」
「固有名詞よりも時間表現に注目する」
「選択肢にlastが入っているから、時間軸にのみに注目すればいい」

など、どのようにすれば、東京都のリスニングを攻略できるか具体的に述べています。

・過去問

過去問も2年分あります。リスニングもきちんとあり、本番で使われたものです。

普通の過去問の参考書では、答えと少しの解説しかないですが、この動画は違います。

プロ講師自らがその都道府県の過去問でどうすれば得点できるのか約1時間ほどで語っています。たったの1時間ですが、参考書、問題集と違って、授業形式なので、わかりやすく何度も確認できます。

今回、ご紹介したのでは英語だけでしたが、数学、理科、社会なども同様に都道府県別に分かれています。

なので、高校入試直前にスタディサプリは本当にお勧めです。月額980円で都道府県別の公立高校受験対策の講座も受けることができます。

現在、14日間無料体験ができますので、こちらで登録して、動画を見てください。

まとめ

公立高校受験直前にはスタディサプリの都道府県別講座を受けよう。

たった月額980円の映像授業!



今スタディサプリに登録すると14日の無料体験と2,000円分のキャッシュバックがついてきます!