スタディサプリ

【これを読めばわかる】スタディサプリのレビュー

「スタディサプリなら4万本以上の神授業が見放題!」というキャッチコピーを通して、ここ数年で、会員数を急増させたスタディサプリ。

最近連載の落ちこぼれ高校生が東京大学合格を目指すドラゴン桜2でも紹介されていました。

『これは本当に使えるのか。成績は上がるのか。どのような感じなのか』

について今回はレビューさせていただきます。

まずはコンセプトについてお話させていただきます。

スタディサプリのコンセプトとは

このスタディサプリのコンセプトは、
「月額980円(税抜)で、プロ講師による5教科18科目4万本以上の動画が見放題」です。

つまり、月額980円で5教科全学年(小学校4年~高校3年)の授業を受けることができるということです。

より詳しく申しますと、塾に通えば、1教科ごとに月謝が増えてゆくのが一般的ですが、スタディサプリは、何教科受講してもお支払いは月額980円のまま。

さらに学年の制限もありませんから、小学生の頃に躓いてしまった単元の授業を見ても、高校レベルの英語の授業を見ても、追加料金は一切かかりません。

月額980円なので、お徳ではあるが、実際のスタディサプリの授業はどうなの?

授業を教えているのは、有名予備校で実績を重ねた実力派講師です。分かりやすい授業ですので、「今通っている塾の先生よりも分かりやすい」、「学校の先生より教え方が上手」などの意見があるそうです。

教え子には勧めていたのですが、私本人も使っていないと説得力がないと思い、実際に私もスタディサプリに入会しています。そこで、率直な感想を申し上げます。

スタディサプリ 最高!

私自身文系で、全く知識のなかった「物理基礎」を学習してみました。

「物理基礎」の問題集や参考書など買ったこともなく、一切読んだこともなかったのですが、無事最後まで物理基礎コースを終わらせることができました。

その後、すぐにセンター試験の物理基礎の過去問を解いてみたのですが、思っていた以上に高得点の76点でした。

参考書等買うこともなかったです。分かりにくい箇所は何度も見て、覚える箇所は動画を停止して、紙に書いて音読しました。

さらに、スタディサプリはスマホとパソコンで視聴できますので、しっかりと集中しないとわからなくなる箇所はパソコンで視聴。復習する箇所はそこまで頭を使わないので、横になってスマホで視聴。このような感じで端末を分けて勉強していました。

自分のペースでやりましたので、2週間ほどで終わりました。
今日はサクサク進むから3講座しよう。明日は1講座がノルマだな。といった感じです。

ところで、
4万本以上の動画があるが、実際にその動画はたったの2分、3分しかないのでは?
と疑う人もいるともいます。

1講座(1単元)どのくらいの時間なの?

一講座(1単元)だいたい4つの動画で構成されています。1つの動画がだいたい10分から、20分ですので、一講座40分から80分になります。なので、量だけでなく質もしっかりしています。

そのため、1講座終わらせるだけでも苦労しましたが・・・

1講座ごとに問題集も用意されています。
PDF形式ですので、自分でダウンロードして印刷することもできます。冊子版も送料込みで1冊1200円で購入可能です。

私の場合、冊子版はどんな感じか気になったので購入しました。

このような感じで予備校のテキストに似ています。コピー機で印刷されたものが送られてくると思っていたので、まさかの予想外でした。キチンと製本されているので、使いやすく、ボロボロになりにくいです。

私の経験を通してスタディサプリがどのようなものなのかを長々と語りましたが、実際に動画視聴していただいた方が早いです。

百聞は一見に如かずです。

現在、14日間無料体験ができますので、こちらで登録して、動画を見てください。

不安な方は、
スタディサプリで好評な先生は参考書や問題集を出版した先生もいるので、書店に言った際には確認してみるのもありです。

スタディサプリは他の通信講座と違って一線を画す

進研ゼミやz会などと違って、自分のペースでできるところも良いです。

通信講座は毎月、冊子や問題集が自宅に送られきて、それらを1ヶ月以内に終わらせるもので、それを繰り返すスタイルでした。学校で習っていないところもあるため、よくたまって置いてけぼりされました。

スタディサプリは違います。自分で学びたい教科や分野を自分で選択できますし、自分のペースで勉強できます。また、冊子や問題集がたまることもありません。

スタディサプリはどんなお子さんにお勧めなのか?

中高一貫校の有名私立中高生のお子さんより地方の公立の中高生のお子さんにお勧めです。基礎的な内容ですので、有名私立には対応していないです。ですが、復習や苦手分野の穴を埋めるのにはうってつけです。さらに予習もできます。

小学校4年生から高校3年生までの5教科の授業が見放題なので、つまずいた分野があれば、学年の垣根を越えて復習できますし、予習もできます。

受験コースと定期テストコースの2つあります。

総評

大手企業のリクルートが運営しているだけあって、しっかりしたサービスです。
スタディサプリは年間で一括払いだと9800円、月々プランだと12,000円程度の出費になりますが、定期テスト用と受験用の参考書や問題集の購入代金を考えると破格の値段です。

問題集や参考書は1冊だいたい1500円前後ですので、5教科分購入すると最低でも10,000円以上になります。

公立の教師や地方の塾講師とは一線を画す本物の教師の授業、専用の問題集も付属で月額980円は安いです。

すぐにでもライバルとの差をつけるために、スタディサプリを始めることをお勧めします。

>>公式スタディサプリのサイトに行ってみる